宮沢賢治の足跡 宮沢賢治の教え子「冨手一」さん

平成18年12月25日発行 VOL.21号
バックナンバーインデックスへ

 


  ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
   メルマガ「宮沢賢治の足跡」賢治が生まれた花巻から商品&賢治情報発信!

     http://www.i-hatov.com/    隔週発行 2006.12.25 VOL.21号
   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ ●○
   └─────────────────────────────┘

 イーハショップの「宮沢賢治の足跡」
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  このメールマガジンは、ご購読登録されたお客様、ショップにて購入された
  お客様、並びに景品に応募され配信許可を頂いたお客様に配信しています。
  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 イーハショップ、畠山でございます。(^_^)(^^)

 「宮沢賢治の足跡」をいつもご購読いただき、ありがとうございます。

 

 メリークリスマス〜〜〜

 今年もあと残すところ1週間となりましたね。

 年賀状は書き終わりましたか?

   お大掃除は?

     年末の挨拶回りは?

 なんて急かしてしまって申し訳ありません。

 実は、私こそ何もやっておりません・・・・・

 さて、前号でイーハトーブセンター冬季セミナー「花巻温泉創業と宮沢賢治の

 かかわり」についてご紹介しました。

 その中に、宮沢賢治の教え子の冨手一(はじめ)さんがについて触れましたし

 ましたが、今回その冨手一さんについて追加掲載いたします。

 

 □■□■□■□■□「宮沢賢治の教え子冨手一さん」□■□■□■□■□■□

 前号で「花巻温泉創業と宮沢賢治のかかわり」と題して花巻温泉株式会社常勤

 監査役の大原皓二さんの講演の様子をお伝えしました。

 その中で、冨手一さんが花巻温泉創業当時の宮沢賢治について語っているビデ

 オを公開していただきました。

 音声だけですが、

 こちらで公開→ http://www.i-hatov.com/image/tomite.wma
 昭和52年放送「テレビ岩手レポート」より

 教え子が生存していない現在、貴重な資料ですよね。

 冨手一さんは、大正11年3月、当時の稗貫農学校(後の花巻農学校)を卒業

 。ちなみに賢治が教諭になったのは大正10年12月ですから、その師弟関係

 は僅か3ヶ月余りですね。

 そして、昭和2年1月1日付で盛岡電気工業株式会社に正社員として採用され

 、昭和13年までの11年間、花巻温泉の園芸係として勤務。

 もともと荒地であった土地の改良や植栽された樹木の肥培管理、あるいは旅館

 に供給される野菜や果物の生産担当責任者として活躍されました。

 当時の様子を詩にしたものが「冗語」です。

 

 冗語「春と修羅詩稿補遺」より

 また降ってくる
 コキヤや羽衣甘藍、
 植ゑるのはあとだ
 堆肥を埋めてしまってくれ
 啼いてる啼いてる
 水禽園で、
 頭の上に雲が来るのが嬉しいらしい
 孔雀もまじって鳴いてゐる
 北緯三十九度六月十日の孔雀だな

 ははは 羆熊の堆肥
 かういふものをこさへたのは
 恐らく日本できみ一人
 どういふカンナが咲くかなあ

 何だあ 雨が来るでもないぞ
 羽山で降って
 滝から奥へ外れたのか
 電車が着いて
 イムバネスだの
 ぞろぞろあるく
 光の加滅で
 みんなずゐぶん人相がわるい

 さあこんどこそいよいよくるぞ
 南がまるでまっ白だ
 胆沢の方の地平線が
 西はんぶんを消されてゐる
 おゝい堆肥をはやく、
 ぬれてしまふととても始末が悪いから

 栗の林がざあざあ鳴る
 風だけでない
 東をまはって降ってきた

 □■□■□■□現在の「南斜花壇」はオリジナルとは違う?□■□■□■□■

 また大原さんは、冨手一さんの逸話としてこんな話を披露してくれました。

 宮沢賢治記念館下に「南斜花壇」が復元された時に、それを見た冨手さんは激

 怒された。

 同じ賢治の教え子に対して・・・・・

 「おめさんだって、分がってらったべじゃ!

 こったなものつぐって、宮沢先生さ申しわげねど思わねってが」

 直接賢治の指導を受け、約60年ぶりに「南斜花壇」に再会できると期待して

 きた冨手さんにとって全く違うものが目に入ったからです。

 ・・・・初めて知りましたが、現在ある「南斜花壇」は宮沢賢治が設計したも

 のとは大分違うものなんですね。

 後日談として、「せっがく、ああして復元を試みた人たちの尊い気持ちも汲ん

 でやれず、年甲斐もなく興奮してしまって反省してらんすじゃ」と述べていた

 そうです。

 

 さて、今年のメルマガ「宮沢賢治の足跡」はこれが最後となります。

 つたない文章にお付き合い頂きましてありがとうございました。

 来年こそはもっと充実した内容で発行できるよう、いっそう頑張りますので来

 年もお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

 みなさん、良いお年を。。。。。。。。。。。。。。

 

 PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   「注文の多い料理店」広告ちらし→ http://www.i-hatov.com/genkou.html

  「注文の多い料理店」出版に先立って賢治が作成した広告ちらし!

  この広告で初めて「イーハトーブ」という言葉に解説が・・・・・・・・・

 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR
 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  ◇ 配信停止手続き ◇
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  このメールマガジンの配信中止・アドレス変更は下記のURLにて御願
  い申し上げます。 http://i-hatov.com/regist.html

 皆様からのご意見・ご感想もお待ちしております。
          info@i-hatov.com

   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ ●○
   └─────────────────────────────┘

  http://www.i-hatov.com/
  info@i-hatov.com
  Webmaster 畠山和雄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★




                                     バックナンバーインデックスへ


 

Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ