宮沢賢治の足跡 「賢治と胎児」講演:高橋源一郎

平成18年9月5日発行 VOL.15号
バックナンバーインデックスへ

 


  ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
   メルマガ「宮沢賢治の足跡」賢治が生まれた花巻から商品&賢治情報発信!

     http://www.i-hatov.com/   隔週発行  2006.9.5 VOL.15号
   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ    ●○
   └─────────────────────────────┘

 イーハショップの「宮沢賢治の足跡」
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  このメールマガジンは、ご購読登録されたお客様、ショップにて購入された
  お客様、並びに景品に応募され配信許可を頂いたお客様に配信しています。
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 イーハショップ、畠山でございます。(^_^)(^^)

 「宮沢賢治の足跡」をいつもご購読いただき、ありがとうございます。

 

 花巻では、朝晩が涼しくなり、だいぶ過ごしやすくなりました。

 今週末(9月8日〜10日)から始まる「花巻まつり」の準備で街中は活気づ

 いています。

 

 先月開催された「宮沢賢治生誕110周年祭」も無事終り、いよいよ秋の到来

 ですね。

 

 賢治生誕祭の終盤に行われた「第3回宮沢賢治国際研究大会」(サブタイトル

 賢治の想像力、その源泉と多様性」)が8月25〜27日まで開催されました
  。

 開会式で作家の高橋源一郎さんが「賢治と胎児」と題して基調講演が行われま

 した。とても興味深いお話でしたので、ご紹介させていただきます。

 

 □■■■■■■■■■<<「賢治と胎児」高橋源一郎>>■■■■■■■■■■□

 平成18年8月25日(金) 花巻市文化会館にて

 

 高橋さんには現在2歳になるお子さんがおり、7ヶ月の胎児の時に自ら名づけ

 た「天才児育成プロジェクトX」を実行したそうです。

 最初は、モーツァルトの音楽を聞かせるとIQが10上がるということから妻に

 毎日モーツァルトを聞かせていたが、元々クラッシックよりもレゲエが好きな

 妻に「もうこれ以上聞かせるなら離婚する!」と迫られ断念。

 

 次に実践したのが、インターネットで調べて、インド人夫婦が実践したという

 「胎児への読み聞かせ」だったそうです。通販で買った器具(聴診器のような

 もので、お腹に当てて使用)で妻を横にさせ、毎日欠かさず30分から1時間

 朗読を実践したそうです。

 

 名作童話や詩などを朗読したが、どれもピンと来ない。妻もすぐに寝てしまう

 ・・・・・ そこで試してみたのが宮沢賢治の童話なんです。いつも寝てしま

 う妻が最期まで朗読を聞き、今まで無反応だった胎児も反応するようになった

 とか。

 

 それ以来、賢治作品専門に読み聞かせをするようになったが、特に「銀河鉄道

 の夜」や「風の又三郎」などの大作よりもあまり有名でない、特に方言性の強

 い作品に反応することが多かった。
 

 高橋氏は、何度か賢治作品を繰り返し朗読してハタと気付いたことは、「声に

 出して作品を読むととても気持ちがいい、賢治の言葉は音楽に近く、人間の脳

 の未知の部分に働きかける」何かがあるということ。

 

 また、高橋氏は宗教学者中沢新一さんの「緑の資本論」という本に触れ、中沢

 さんは、現在の世界を絶対的非対称だと表現。9.11のアメリカ同時多発テ

 ロは絶対的非対象の世界だから発生した。絶対的な武力と権力を持つアメリカ

 と何も持たないイスラムの人達。この関係が覆らないのならせめて一太刀でも

 とイスラム世界のテロリストたちは思う。

 

 それに対して、賢治の作品や言葉は対称的な世界である。人間と動物が同じレ

 ベルの世界で生きている。小学生までは想像力が豊で、犬がワンワンと話しか

 ける、ウサギが服を着て時計をして走り回る、子供には世界はそう見える。

 子供は我々が使っている言葉の支配にさらされていない。

 

 言葉を覚えれば覚えるほど何かと何かを区別し、そう考える自分が正しいと思

 い、そう考えない人を憎むようになる。世界を統制しようとする、自分中心の

 考えが現代社会の混乱を生みだした一因であり、大人はその志向の呪縛を受け

 ていると高橋氏は「緑の資本論」を紹介。

 

 高橋氏は、賢治作品を朗読する「心地よさ」の理由を「緑の資本論」で発見し

 たような気がすると述べ、賢治の作品や詩、また音楽のような言葉は脳から来

 るものではなく、前頭葉の下にある赤ん坊や小学生が考えるような無意識の場

 所から来ている言葉であると。

 

 そして最期に高橋氏は、「賢治の言葉はいくら読み返しても決して磨り減らな

 い。昔からの賢治愛好家も作品を再読してみては」と述べた。

 

 

 ==============================================================

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  ◇ 配信停止手続き ◇
 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  このメールマガジンの配信中止・アドレス変更は下記のURLにて御願
  い申し上げます。 http://i-hatov.com/regist.html

 皆様からのご意見・ご感想もお待ちしております。
          info@i-hatov.com

   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ    ●○
   └─────────────────────────────┘

  http://www.i-hatov.com/
  info@i-hatov.com
  Webmaster 畠山和雄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★




                                     バックナンバーインデックスへ


 

Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ