宮沢賢治の足跡 「注文の多い料理店」山猫軒のモデル

平成18年5月17日発行 VOL.9号
バックナンバーインデックスへ

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   メルマガ「宮沢賢治の足跡」賢治が生まれた花巻から商品&賢治情報発信!

      http://www.i-hatov.com/         隔週発行  2006.5.17 VOL.9号
   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ     ●○
   └─────────────────────────────┘

  イーハショップの「宮沢賢治の足跡」と林風舎の「賢治さん通信」の2本立て
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  このメールマガジンは、ご購読登録されたお客様、ショップにて購入された
  お客様、並びに景品に応募され配信許可を頂いたお客様に配信しています。
  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  イーハショップ、畠山でございます。(^_^)(^^)

  「宮沢賢治の足跡」をいつもご購読いただき、ありがとうございます。
 




  □□■■■■■■<<「注文の多い料理店」山猫軒のモデル>>■■■■■■□□


  <1モデルとされているのは「精養軒> ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  宮沢賢治の代表作でもある「注文の多い料理店」に出てくる西洋レストランの

  山猫軒。この山猫軒のモデルは、一般的には花巻にあった西洋レストラン「精

  養軒」であるとされています。

  賢治の生家に近いこともあり、ベジタリアン時代以外は何度か足を運んでいた

  ようなので、おそらくモデルがあったとしたらその説が正しいと思います。


     精養軒の昔の写真です→ http://www.i-hatov.com/image/seiyouken.jpg



  <2新たに出てきたモデル> ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


  今年は宮沢賢治が生まれて110年になりますが、生誕100年祭のころから

  浮上してきた説が、花巻の隣りの北上市臥牛という所にある中村正巳さんのお

  宅です。


  これは版画家の高野礼子さんが、賢治の足跡をたどっている時に近所の方から

  珍しい二階建ての洋館があるという話を聞いて発見したものです。


  この家は、中村正巳さんの祖父が小学校校長を退職後、1917年(大正6年)

  に、乃木稀典邸も手がけた棟梁に乃木邸と同じものを造るよう依頼したとのこ

  とです。



  では、なぜこの洋館が山猫軒のモデルなのか??

               また

                   宮沢賢治との接点は??



  残念ながら資料は残っておりません。これからのお話は憶測でしかありません

  が可能性としては十分にあるお話です。


  まず中村家の二階に襖絵があるのですが、これを描いたのは北上市の及川香石

  という画家です。賢治は趣味だった浮世絵を通じて香石と交友があり、当時と

  しては珍しい洋館の話を賢治が聞いていた可能性があること。



  また、賢治はこの地域の土性調査もやっており、臥牛近辺にも教え子がいたこ

  とや座敷童子の話(更木船渡の斎藤家)があり、賢治は座敷童子の話も書いて

  いてこの地域にもある程度詳しいこと。


  などの理由から当時としては珍しい洋館の話を賢治はきっと耳にしている可能

  性が十分にあるということ。



  この家に電気が入ったのは昭和33年で、それまではランプ生活だったとのこ

  とです。当時、この周辺にはこの家一軒しかなく、電柱も田んぼもなく、狭い

  舗装されていない道、ススキに覆われていたような場所に、当時としては珍し

  い洋館がポツンと建っているところを想像してみてください。賢治ならずとも

  、想像力をかきたてられたはずです。


  去年、このお宅に伺って中を拝見したときのの写真がございますので、まずは

  ご覧になってみてください。   http://www.i-hatov.com/nakamurake.html



  PR━━━━━━━ <新発売!> イーハトーヴ歌曲集 ━━━━━━☆★

  宮沢賢治が作った曲を 中村節也氏が編曲した楽譜です。

   精神歌・月夜のでんしんばしら・星めぐりの歌・ポランの広場など全14曲

                     http://www.i-hatov.com/kenjizakka1.html
  ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
     林風舎の「賢治さん通信」 by宮沢賢治の作品を書く会!!

   
              林風舎  http://www.e-haweb.com/home/rinpoosha/
  ■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  「賢治さん通信」は、宮沢さんからいただいた原稿を、わたくし畠山和雄が
  メールマガジン用に編集したものです。
  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


     方十里稗貫のかみも稲熟れて

            み祭三日そらはれわたる

     病のゆゑにもくちんいのちなり

            みのりに棄てばうれしからまし


                          「宮沢賢治絶筆 二首」



  賢治が亡くなったのは、昭和八年九月二十一日、午後一時三十分です。

  そして、その一日前に書かれたのがこの絶筆です。


  九月一七日から三日間、花巻は秋祭りでした。

  その頃少し体調を回復していた賢治は、祭最終日は門の所へ出てその様子をう

  かがったそうです。


  その翌日(二十日)に容態が急変しました。その年が大豊作であるという事も

  わかった上で、自分の死を覚悟してしたためたのがこの歌でした。



  「晴れ渡る空の下 稗貫のみならず十里四方 稲は立派に実り 人々はその豊

  作に安心して祭も楽しむことができた・・・・・・・・・

  皆が幸福を味わうこの実り(御法)の中 何の心配もすることなく安心して死

  んでゆければ それは この上なく幸せなことだろう・・・・・・・。」


  これがこの絶筆二首の大意だと思います。いつでも自分の幸せよりも他者の幸

  福を望んだ賢治は、死期を前にしても心からそう願っていったのですね。

  (実際二十日の夜七時頃、肥料の相談に訪ねて来た農村の人に、辛い体を押し
  て一時間も相談に乗ってたそうです。明日命が絶えるというのに・・・・。)


  この絶筆を見るたびに、彼の生きた短い人生を思い、悔しい気持ちになるのは

  私だけではないと思います。




  ★☆━━━━━━<宮沢賢治の作品を書く会>案内!━━━━━━━━━


  一般の部∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  ※作品は自由(宮沢賢治の作品)
   出典を明記してください。
  ※紙の大きさは半紙サイズ
   (多少の誤差は可)
  ※出品料 500円


  教育書道 硬筆の部∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  ※課題(指定された文)
  ※用紙はこちらで指定したもの、またはそのコピー
  ※出品料 500円


  次回の締め切りは平成18年7月31日です。
  大変恐れ入りますが、初回出品の方に限り、諸経費と致しまして、3千円お納
  めいただきたくお願い申しあげます。


  お問合せ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  〒025−0092
  岩手県花巻市大通り1丁目3ー5
  林 風 舎
  TEL0198−22−7010




  ==============================================================



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  ◇ 配信停止手続き ◇
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  このメールマガジンの配信中止・アドレス変更は下記のURLにて御願
  い申し上げます。 http://www.i-hatov.com/regist.html


  皆様からのご意見・ご感想もお待ちしております。
         info@i-hatov.com


   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ    ●○
   └─────────────────────────────┘

  http://www.i-hatov.com/
  info@i-hatov.com
  Webmaster 畠山和雄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★





                                     バックナンバーインデックスへ


 

Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ