宮沢賢治の足跡 「極東ビヂテリアン大祭 報告2」

平成18年4月18日発行 VOL.7号
バックナンバーインデックスへ

  ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   メルマガ「宮沢賢治の足跡」賢治が生まれた花巻から商品&賢治情報発信!

     http://www.i-hatov.com/    隔週発行  2006.4.18 VOL.7号
   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ ●○
   └─────────────────────────────┘

 イーハショップの「宮沢賢治の足跡」と林風舎の「賢治さん通信」の2本立て
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  このメールマガジンは、ご購読登録されたお客様、ショップにて購入された
  お客様、並びに景品に応募され配信許可を頂いたお客様に配信しています。
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 イーハショップ、畠山でございます。(^_^)(^^)
  「宮沢賢治の足跡」をいつもご購読いただき、ありがとうございます。

 

 ■■■■■■■■<<<極東ビヂテリアン大祭 報告その2>>>■■■■■■■■

 3月25日・26日に花巻温泉にて「極東ビヂテリアン大祭」(セミナー)が
  開催されました。

 今回は前日の「リゾートとしてのイーハトーブ」に引き続き行われたシンポジ
  ウム2日目の「ベジタリアン宮沢賢治−イーハトーブの豊かな雑穀文化」につ
  いてのご報告をさせていただきます。

 20日以上も前のことなので少々記憶が薄れてしまっていること、ご了承くだ
  さい(^^; 汗汗

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  シンポジウム2
  「ベジタリアン宮沢賢治−イーハトーブの豊かな雑穀文化」
                  平成18年3月26日 花巻温泉 千秋閣

 コーディネーター 阿部 弥之(宮沢賢治学会理事)
  進  行     木村 信夫(「岩手の食事」企画・編集著)
  パネリスト    鶴田  静(エッセイスト・菜食文化研究家)
           安藤 直美(岩手県二戸雑穀食堂「つぶっこまんま」代表
           中條 真介(岩手県北農業研究所、やませ利用研究室)

 ★木村信夫氏 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 木村信夫さんは岩手や他の地方の「食」を取材して感じたことは、雑穀には食
  の地域個性があり、また多彩な利用のされ方がされている。それはまさにその
  地域の文化である。

 しかし、現在は食の品種の画一化がされており、主食はお米で、味にしてもコ
  シヒカリを基準にした味が美味しいとされるようになっている。お米が主食で
  あることはかまわないが、それ以外にも様々な雑穀文化があってもよいのでは
  ないか。

 ★鶴田 静氏 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 エッセイストで、自らもベジタリアンである鶴田静さんは、著書「ベジタリア
  ン宮沢賢治」などで有名な方です。この中で鶴田さんは、賢治は雑穀という言
  葉は使っていない。童話に出てくる食物は全て「そば、あわ、ひえ」などと表
  現している。

 宮沢賢治の他にジョン・レノン、ガンジー、トルストイ、ダ・ヴィンチ、ピタ
  ゴラス、そしてヒトラーも…。歴史を超えて現代に影響を与え続ける人々には
  、多くのベジタリアンがいた。

 賢治がベジタリアンになったのは、健康のためというよりも、自分が食べるた
  めに生き物が殺されることを認めたくないという考えと、それから仏教の教え
  からきている。しかし、賢治は他の者にベジタリアンになることを勧めなかっ
  た。また、肉食を否定しているのではなく、選択の余地を与えている。

 しかし、「食べるための家畜を育てる穀物の分を人々に与えれば人類の飢餓を
  縮小できる」ということを自覚することは重要であると述べた。

 また、来場者からの質問で「賢治は西洋料理を好んで食べたという資料もあり
  ますが」という質問に対して鶴田さんは、「賢治は社会連絡を取るための逸脱
  した行為」と述べました。つまり、自らは肉食を好んだのではなく、人との付
  き合いで断り切れない場合のみ肉を食したということのようです。

 ・・・・・という内容のセミナーでした。ベジタリアンとしての賢治さんに触
  れることができ、大変貴重な体験をさせていただきました。

 

 ■■■■■■■■■■ <<<「松雲閣」特別公開 >>> ■■■■■■■■■■

 こちらは3月25日に公開された「松雲閣」の写真です。

                http://www.i-hatov.com/kenji/syouunkaku.html

 宮沢賢治作品「一九三一年度極東ビヂテリアン大会見聞録」(未完)では、その
  会場が花巻温泉で開催され、松雲閣も物語に登場しています。

 
  松雲閣は総ヒノキ造りの建物で昭和2年から営業。昭和天皇が宿泊するなど歴
  史と風情ある建物ですが、老朽化などから14年に営業を停止して以来、公開
  はされておりませんでした。残念ながら「松雲閣」は来年取り壊しが決定して
  おります。

 

 PR━━━━━━━━ <新登場!> 宮沢賢治のパズル ━━━━━━━☆★

   賢治のシルエットを分解すると14匹の動物に

       ブナ材で作られたパーツはマグネット付き! 壁掛けにも!

    http://www.i-hatov.com/kenjizakka1.html
  ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
     林風舎の「賢治さん通信」 by宮沢賢治の作品を書く会!!

   
              林風舎 http://www.e-haweb.com/home/rinpoosha/
  ■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  「賢治さん通信」は、宮沢さんからいただいた原稿を、わたくし畠山和雄が
  メールマガジン用に編集したものです。
  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 「宮沢賢治の作品を書く会」の2006年春に全国から出品をいただきまして
  ありがとうございました。

 その一部をご紹介いたします。

             http://i-hatov.com/kenji/kakukai-1.html

 また次回の出展締め切りは

       平成18年7月31日までとなっております。

                     皆様ふるってご参加ください。

 

 ★☆━━━━━━<宮沢賢治の作品を書く会>案内!━━━━━━━━━━━

 一般の部∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ※作品は自由(宮沢賢治の作品)
   出典を明記してください。
  ※紙の大きさは半紙サイズ
   (多少の誤差は可)
  ※出品料 500円

 教育書道 硬筆の部∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ※課題(指定された文)
  ※用紙はこちらで指定したもの、またはそのコピー
  ※出品料 500円

 

 大変恐れ入りますが、初回出品の方に限り、諸経費と致しまして、3千円お納
  めいただきたくお願い申しあげます。

 お問合せ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  〒025−0092
  岩手県花巻市大通り1丁目3ー5
  林 風 舎
  TEL0198−22−7010

 

 ======================================================================

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  ◇ 配信停止手続き ◇
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  このメールマガジンの配信中止・アドレス変更は下記のURLにて御願
  い申し上げます。 http://www.i-hatov.com/regist.html

 皆様からのご意見・ご感想もお待ちしております。
          info@i-hatov.com

   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ ●○
   └─────────────────────────────┘

  http://www.i-hatov.com/
  info@i-hatov.com
  Webmaster 畠山和雄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★




バックナンバーインデックスへ


 

Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ