宮沢賢治の足跡 「創刊号」

平成18年1月10日発行 VOL.1号
バックナンバーインデックスへ

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  メルマガ「宮沢賢治の足跡」賢治が生まれた花巻から商品&賢治情報発信!

     http://www.i-hatov.com/    隔週発行  2006.1.10 創刊VOL1号
   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ     ●○
   └─────────────────────────────┘

イーハショップの「宮沢賢治の足跡」と林風舎の「賢治さん通信」の2本立て
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールマガジンは、ご購読登録されたお客様、ショップにて購入された
お客様、並びに景品に応募され配信許可を頂いたお客様に配信しています。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさん!、はじめまして (。 ^。^)( 。-.-)( _ _)ペコ
「宮沢賢治の足跡」をご購読いただき、ありがとうございます。

イーハショップを運営しております畠山和雄と申します。
47歳のオジサン(妻1人 女の子2人)でございます。

サイトを開設して1年半、
なんとか創刊号を発行することができました。
「宮沢賢治の足跡」は宮沢賢治の生まれた岩手県花巻市からショップ情報と宮
沢賢治関連の話題・情報を中心に発信してまいります。
これからよろしくお願いいたします。

このメールマガジンはイーハショップの「宮沢賢治の足跡」

          と それから

林風舎の「賢治さん通信」の二部構成になっています。

ん?「林風舎」って何?と思われる方のためにご説明をしておきますね。
「林風舎」とは、宮沢賢治の実弟、清六さんの孫宮沢和樹さんのお店です。
宮沢さんは、林風舎で賢治のオリジナルグッズを販売する傍ら宮沢賢治の肖像
権などを管理されています

林風舎 ⇒ http://www.e-haweb.com/home/rinpoosha/

今後、このメルールマガジンで宮沢さんに賢治さんの情報提供にご協力いだだ
ことがありますので、ご期待ください。

話を戻して、林風舎の「賢治さん通信」は、宮沢やよいさん(和樹氏の奥様)が主
宰する「宮沢賢治の作品を書く会」という書道の会です。
会の詳細につきましては後半の「賢治さん通信」でお知らせいたします。

 

━━━━━━━ <新登場> 白金豚オリジナルセット ━━━━━━━☆★

食のプロが絶賛する白金豚!! 肉汁が旨い、脂が甘い、コクがある!

   白金豚オリジナルセット http://www.i-hatov.com/platinum.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

プラチナポークとも呼ばれる「白金豚」ってご存知ですか?

レストランなど業務用としてしか販売されていない豚肉で、小売はされていな
い花巻産の国内最高級ブランドポークです。

今回は特別に製造元である高源精麦(株)さんに当ショップ用としてオリジナ
ルセットを組んでもらいました。

ん?味ですか?
食のプロが絶賛するだけあって、肉汁が旨い、脂が甘い、コクがあるんです。

☆旨い理由 その1====================================================

その秘密は、LWBと呼ばれる三種の血統の混じった豚で、母豚の繁殖力と体
力の強さ、父豚の脂肪の厚さ、旨みの多さにあります。

☆旨い理由 その2====================================================

2サイトシステムと呼ばれる「分娩舎」と「離乳舎」を離して、それぞれ別に
育てる方法です。離乳期により免疫力が低下し始める子豚を外界から守ります。

☆旨い理由 その3====================================================

高源精麦さんの養豚場は、奥羽山脈の山間にあり、豚の飲用水として山の湧き
水を使用。さらに、その水を釜石でとれたミネラル群たっぷりの鉱石で濾過し
、極上の活性水を与えています。
豚達は、生まれてから出荷されるまで、常時その極上活性水を飲んでいるので
肉質やわらか、肉味まろやかなのです。

白金豚オリジナルセット http://www.i-hatov.com/platinum.html

 

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   林風舎の「賢治さん通信」 by宮沢賢治の作品を書く会!!

   <宮沢賢治の遺族からみた賢治>

            林風舎 http://www.e-haweb.com/home/rinpoosha/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「賢治さん通信」は、宮沢さんからいただいた原稿を、わたくし畠山和雄が
メールマガジン用に編集したものです。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

世界中のひとりでも多くの人に賢治を知ってもらい作品を読んでもらう為に、
「宮沢賢治の作品を書く会」を主宰しております。

みなさんから送られた作品は、交代で林風舎に毎日展示いたしております。
作品は春・夏・秋・冬と年間4回募集いたします。

また、作品は折を見てまとめて小品展を開催いたしております。
賢治に関連した副賞もご用意させて頂いております。

加えて、教育書道という観点から、子供達には硬筆で賢治作品に取り組んでい
ただこうと賢治の童話や詩から選んだ文をお手本とさせていただいております

書くことを通じて賢治作品に触れ、それが心の片隅にでも、言葉やフレーズと
して残り、そのことが人間形成をしていく上で役立ったり、何かの壁にぶち当
たった時の指針となったりして、生きていく励みとなれば・・・という願いか
らです。
                              宮沢 やよい

一般の部∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

※作品は自由(宮沢賢治の作品)
  出典を明記してください。
※紙の大きさは半紙サイズ
  (多少の誤差は可)
※出品料 500円
※締め切り 現在春の募集に向けて準備中です。
       日程が決まり次第お知らせいたします。

教育書道 硬筆の部∞∞∞∞∞∞∞∞∞

※課題(指定された文)
※用紙はこちらで指定したもの、またはそのコピー
※出品料 500円
※締め切り 現在春の募集に向けて準備中です。
       日程が決まり次第お知らせいたします。

大変恐れ入りますが、初回出品の方に限り、諸経費と致しまして、3千円お納
めいただきたくお願い申しあげます。

お問合せ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
〒025−0092
岩手県花巻市大通り1丁目3ー5
林 風 舎
TEL0198−22−7010

 

「賢治さん通信」発刊にあたり、宮沢和樹氏より

======================================================================
  宮沢賢治の弟である私の祖父清六は、賢治の死後、作品資料の管理はもとよ
り、整理、出版に至るまで、まさに命がけで行いました。
これは大袈裟な話ではなく祖父は本当に戦火から原稿を守ったのです。

賢治が生まれて百余年、今、賢治が読み継がれ、さまざまな人あらゆる分野の
方々の心に響くのは何故なのか、ふとした折に考えることがたびたびあります

私は花巻で林風舎という店を構えておりますが、その喫茶室には、全国、全世
界から年齢や職種が異なる方々が日々訪れ、私に賢治への思いを語ってくださ
います。

その時いつでも感じることは、「賢治さんも祖父も生きている」ということで
す。皆様に共通していることは過去形ではなく現在の賢治像を語ってくださる
からです。

今、世界中から戦争やテロ、それからエネルギー問題等で、揺れ動き不安を抱
えているこの時期に、賢治の作品を通じて、これからの日本の在り方を表現し
ようとしている人達が大勢いることを感じます。

地球規模、或いは宇宙規模で物事を考えるという賢治の精神は、その作品の中
に多分に投影されていると思います。賢治作品はとても日本的でありながら、
それと同時に無国籍でコスモポリタン的側面を多く持ち合わせているのもそこ
に理由があると私は考えます。

戦うべき敵は外の世界にあるのではなく自分の内にあり、そしてそれは世の矛
盾である「修羅の渚」に漂いながら、その責任や回答を他者に求めず自己の修
行として葛藤し続けなければならないということ、またそれが人の道の求める
所であるということを賢治は平易な言葉に置き換えて話していてくれているよ
うに思えるのです。

漠然とした、それでも大きなテーマが賢治作品を読む人々の心を揺り動かす要
因となっているのではないかと思うのです。

 ひとりひとりが、自分で出来る分野で、この矛盾と戦いながら自己を見つめ
、世界の平和と幸福を追求していく、そういう精神を持つことが賢治の理想で
あり、また、今日本が世界に発信できることではないかと私は考えるのです。

 賢治作品をみなさんがどのようにとらえ、表現してくださるのか家族共々大
変楽しみにしています。

                           文  宮沢 和樹
======================================================================

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◇ 配信停止手続き ◇
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
このメールマガジンの配信中止・アドレス変更は下記のURLにて御願
い申し上げます。 http://www.i-hatov.com/regist.html

皆様からのご意見・ご感想もお待ちしております。
          info@i-hatov.com

   ┌─────────────────────────────┐
  ●○ 賢治のオリジナルグッズと花巻特産品の店 イーハショップ     ●○
   └─────────────────────────────┘
http://www.i-hatov.com/
info@i-hatov.com
Webmaster 畠山和雄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★


バックナンバーインデックスへ

 

Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ