「賢治祭」2006

  9月21日は宮沢賢治の命日です。

  花巻では毎年その日に「賢治祭」と称して宮沢賢治を偲ぶ行事が行われており

  ます。昭和9年から行われ、今年で72回目の賢治祭となります。


  今年は宮沢賢治生誕110年ということで、全国各地から大勢の賢治ファンが

  集い、また賢治の世界に浸り、賢治を偲ぶ会がしめやかに行われました。


  でもでも、今年は例年に増してなんとなんと!

                  サプライズがあったのです!!



 
  □■■■■■■■■■■ <<2006年賢治祭>> ■■■■■■■■■■■□

  平成18年9月21日(木) 花巻市桜町「雨ニモマケズ」詩碑前にて



  当日の天気は見事なまでの秋晴れ。

  午後5時から一般参加者による献花が行われ、地元小学校の生徒による合唱や

  賢治が教鞭をとった花巻農学校生徒による鹿踊り、「雨ニモマケズ」詩の朗読

  、「風の又三郎」の野外劇や賢治の歌のコーラスなどなど・・・・・・・・・・

  と・・・・ここまでは例年通りなのですが、

 

  今年は何がサプライズなのかというと、


  あの日本を代表するチェリスト藤原真理さんがコンサートを開いたのです。

  しかも、しかもですよ!

  演奏するチェロは賢治記念館に展示してある・・・「賢治愛用のチェロ」、

  賢治ファンの藤原真理さんが、賢治愛用のチェロで、賢治の曲を演奏する。

  ・・・・・・・すごくありませんか?



  賢治ファンの藤原さんは98年、00年にもこのチェロを弾いており、今回で

  3度目の演奏となります。今回は、藤原さんらが改めて賢治のチェロでの演奏

  を希望し、記念館側との交渉が始まった。



  「チェロに事故があったら大変」という記念館側に対し、藤原真理さんは、「

  チェロは時々使って演奏した方が長持ちする。賢治祭に参加した人たちに、賢

  治のチェロで演奏を聴かせたい」と説得し、実現したもの。



  藤原真理さんの賢治との出会いは小学校のころで、チェロの練習がうまくいか

  ない時に「セロ弾きのゴーシュ」に出会い、それが励みになったということ。

  また、「賢治愛用のチェロ」について、「とても丁寧に作られた楽器ですね」

  というコメントでした。



  その様子を動画で配信いたします・・・・と言いたいところですが、藤原真理

  さんはプロの演奏家ですので勝手に配信できないのが本当に残念です。

  それ以外の様子はこちらで配信いたしますので、どうかご勘弁を・・・。


 
  宮沢賢治生誕110周年記念「賢治祭」↓ 12分31秒 459kbps

  http://www.e-haweb.com/movies/kenjisai06.wmv


 

  また当日は、花巻農学校創立100周年を記念し校内に賢治の銅像が建立され

  、製作にあたった日展理事長の橋本堅太郎さんが賢治祭に出席。他にも賢治研

  究の第一人者の天沢退二郎さん、入沢康夫さんのご両名など著名人が出席され

  ました。



  本当に動画で配信できないのが残念!

  ・・・・ともあれ、少しでもみなさんに「賢治祭」の雰囲気を感じていただけ

  れば幸いです。



昭和9年から、今年で72回目



地元中学生による「雨ニモマケズ」朗読



藤原真理コンサート
チェロは賢治愛用のチェロ


「風の又三郎 」野外劇



桜町ママさんコーラス
「ポラーノの広場のうた」
 



Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ