宮沢賢治の年譜
このページで使用している画像は(株)林風舎様の了解を得て掲載しております。肖像権は(株)林風舎に帰属します。
宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ

1896(明治29)年 誕生

8月27日、父政次郎(22歳)、母イチ(19歳)の長男として岩手県稗貫郡花巻町に生まれる
家業は祖父喜助開業の質・古着商

父、政次郎は古着質商を継ぎ繁昌させる一方、信仰深く、花巻仏教会を組織した。町議など名誉職歴任。賢治没後、浄土真宗から日蓮宗に改宗。


父:宮沢政次郎 母:宮沢イチ
母、イチは花巻の有力な実業家宮沢善治の長女。父母によくつかえ、明るいユーモアで家庭を支えた。
三陸大津波
奥羽大地震
1897(明治30)年 1歳     岩手県凶作
1898(明治31)年
2歳 11月5日、妹トシ生まれる
  岩手県凶作
1899(明治32)年 3歳 仏教篤信の家庭で伯母ヤギの称える「正信偈(しょうしんげ)」や「白骨の御文章」を暗誦 正信偈とは、浄土真宗では毎朝お勤めするお経のことです。
白骨の御文章とは真宗八代目の蓮如上人(れんにょしょうにん)が、親鸞聖人のみ教えを、どんな人にでも分かるようにと、易しく書きあらわされたお手紙です。
岩手県に赤痢流行
1901(明治34)年 5歳 6月18日、次妹シゲ出生  賢治5歳 トシ3歳 岩手県豊作
1902(明治35)年 6歳 赤痢を病む。父政次郎も看病中感染
  東北大凶作3割作
シベリア鉄道完成

花巻川口尋常高等小学校時代

1903(明治36)年
7歳 4月 町立花巻川口尋常高等小学校入学 小学1年生 前年の凶作で東北地方飢饉
1904(明治37)年 8歳 4月1日、弟清六生まれる 小学2年生
宮沢清六( 1904-2001)
賢治亡き後は,賢治の残した膨大な原稿や資料を戦禍から守り、整理し全集の編さんなどに生涯を捧げた。
2月、日露戦争開戦
1905(明治38)年 9歳 担任の八木英三先生から(五来素川翻案、マーロー原作「家なき子」)、「海に塩のあるわけ」など童話や民話を読み聞かされる。 小学3年生240 日露終戦
東北凶作
1906(明治39)年
10歳 4月 鉱物、植物、昆虫採集し、標本作りに熱中
8月 父に連れられ花巻仏教会夏期講習に参加、暁烏敏(あけがらすはや)の講和を聞く
小学4年生
暁烏敏(1877-1954)
松任市の明達寺に生まれた真宗大谷派の僧。明治時代は宗門の禁書であった『歎異抄』を初めて世に広め,仏教の近代化に尽くした清沢満之の信仰をつたえ、仏教雑誌『精神界』を編集し執筆者として活躍。
東北凶作
日本エスペラント協会設立
1907(明治40)年 11歳 3月4日、末妹クニ出生
鉱物好きで「石っこ賢さん」と言われる
小学5年生

世界恐慌
岩手県豊作

1908(明治41)年 12歳   小学6年生240  

盛岡中学時代

1909(明治42)年 13歳 3月 花巻川口尋常高等小学校卒業。六学年全甲、優秀賞、精勤賞を受ける
4月 県立盛岡中学校入学。宿舎生活。鉱物や植物採集に熱中
盛岡中学1年生 伊藤博文暗殺
生糸輸出世界1位
1910(明治43)年 14歳 6月 岩手山に初登山。以後、頻繁に登る
盛岡中学2年生 岩手県秋豪雨不作
石川啄木「一握の砂」発刊
(賢治に短歌創作の影響を)
1911(明治44)年 15歳 短歌創作開始。哲学書愛読。
8月 盛岡市北山、願教寺の「仏教夏期講習会」にて島地大等の法話を初めて聴いたとされる
盛岡中学3年生 アムンゼン南極到達
花巻高等女学校開校
1912(大正元年) 16歳 5月 松島仙台方面修学旅行。海を初めて見る。
歎異抄(たんにしょう)に感動
盛岡中学4年生
歎異鈔とは、異説を嘆き、親鸞の正しい教えを明らかにするために書かれた書物。

花巻に電灯がつく
タイタニック号沈没
石川啄木没

1913(大正2)年 17歳 三学期、舎監排斥運動で4、5年生全員退寮。
5月、北海道修学旅行。盛岡市北山の浄土真宗宗徳玄寺に移る
秋、ツルゲーネフ「処女地」などのロシア文学愛読
盛岡中学5年生 花巻に電話開通
岩手県大凶作
1914(大正3)年 18歳
3月 盛岡中学校卒業
4月 盛岡市岩手病院で肥厚性鼻炎のため鼻を手術
引き続きチフスの疑いで入院
看護婦高橋ミネに初恋、失恋
5月 家業の手伝いをする
9月 父から盛岡高等農林学校への進学を許可される
島地大等編著「漢和対照妙法蓮華経」(日本語翻訳)に深く感動、法華経信者になる
家業の手伝い

島地大等(1875-1927)
明治8年、新潟県生まれ。
願教寺26代住職。
明治43年、東大講師となり印度哲学を担当。近代日本を代表する仏教学者。
第一次世界大戦開始

    賢治座右の書

  漢和対照妙法蓮華経

盛岡高等農学校時代

1915(大正4)年 19歳
1月 受験勉強のため、盛岡市北山の時宗教浄寺に下宿
4月 盛岡高等農林学校主席入学、寄宿舎へ。級長
主任教授関豊太郎を知り、生涯にわたり指導を受けることになる。 「化学本論」、「タゴール詩集」愛読
妹トシ、日本女子大学入学
8月 願教寺で島地大等の歎異妙法を1週間聞く
盛岡高等農林学校1年


関豊太郎(1868-1955)
土壌学の権威。明治38年盛岡高等農学校着任。    

岩手軽便鉄道開通


      賢治座右の書

「化学本論」(片山正夫著)
日本の科学的伝統形成期の最良の科学書 

1916(大正5)年 20歳
3月 特待生に選ばれ授業料を免除される。 関西修学旅行
7月 関教授の指導により盛岡近郊の地質調査をする
8月 上京しドイツ語の夏季講習を受講
盛岡高等農林学校2年
5月 散文の処女作「丹藤川」を書く
(後に「家長制度」と改題)
アインシュタイン一般相対性理論発表
1917(大正6)年 21歳
3月 特待生、旗手、級長
4月 盛岡中学に入学した弟清六と盛岡内丸玉井家に下宿
7月 小菅健吉、河本義行、保坂嘉内らと同人誌「アザリア」発刊
8月 江刺郡地質調査をする。このとき種山ヶ原などを歩き、原体剣舞を見る
9月 祖父喜助死亡(77歳)


同人雑誌「アザリア」
高農文芸愛好者が創刊
大正7年6月まで6号を発刊
盛岡高等農林学校3年
7月 「秋田街道」
10月 「沼森」「柳沢」

アザリアの中心メンバー
右から賢治
河本義行(鳥取)
保坂嘉内(山梨)
小菅健吉(栃木)

河本緑石(義行)
 (1897-1933)
卒業後故郷へ帰り、県立倉吉農業高校教師となる。「砂丘社」の一員として俳句、絵画、作曲など多彩な才能を発揮。
賢治が亡くなる2ヶ月前 、海水浴訓練中に溺れた同僚を救助に向かい、不帰の人となる。『銀河鉄道の夜』で、溺れる友を救って亡くなるカムパネルラは緑石がモデルではないかとの説も。

岩手県豊作
ロシア革命

保坂嘉内(1986-1937)
盛岡高等農林学校の1年後輩で、賢治の親友。文学的教養にあふれた人物で、同室の賢治に強い影響を与えた。 「アザリア」第五号に発表した文章が過激であったため退学処分となる。 二人の交流は賢治の国柱会への傾倒をめぐって変化し、やがて訣別してしまう。

1918(大正7)年 22歳
3月 盛岡高等農林学校卒業。保坂嘉内が退学処分になる
4月 高農研究生。徴兵検査の結果第ニ乙種で兵役免除
稗貫郡土性調査に従事、菜食生活をはじめる
11月 日本女子大学在学中のトシ病み上京看病
童話創作開始
盛岡高等農林学校研究生
8月 家族に「蜘蛛となめくじと狸」「双子の星」を読み聞かせる
岩手豊作
世界大戦終結
1919(大正8)年 23歳
1月 人造宝石業計画断念
3月 全快したトシと帰宅
店番を手伝い、不本意な生活を送る
浮世絵収集没頭
盛岡高等農林学校研究生
7月 賢治の短歌を妹トシ、シゲが清書し、1冊の歌集をくり、762首収める
岩手県豊作
ベルサイユ講和条約
1920(大正9)年 24歳
5月 高農研究生修了。関教授から助教授の話を辞退
9月 妹トシ花巻高等女学校教師となる
10月 日蓮宗の宗教団体、国柱会に入会
盛岡高等農林学校研究生

宮沢トシ(1898-1922)
賢治最愛の妹。小学校時代から成績抜群で花巻高等学校も 最優秀で卒業 。大正4年に日本女子大学校に入学。
大正7年東大病院小石川病院に入院。最終の試験は受けられなかったが、成績優秀により卒業を認められた。
第1回国政調査人口5596万余
1921(大正10)年 25歳
1月 父の改宗ならず家出上京、国柱会奉仕活動
国柱会の高知尾智耀から「ペンをとるものはペンの先に信仰の生きた働きがあらわれる」と聞かされ、旺盛な創作活動を始める
4月 上京の父と伊勢比叡奈良旅行
8月 トシ病報で書きためた原稿をトランクに入れ帰郷
12月 稗貫農学校(後の花巻農学校)教諭になる
6月 短編「電車」「床屋」を書く
8月 「かしわばやしの夜」を書く
9月 「月夜のでんしんばしら」「鹿踊のはじまり」「どんぐりと山猫」を書く
愛国婦人に「天の川」を書く
11月 「注文の多い料理店」「狼森と笊森、盗森」を書く
12月 愛国婦人に「雪渡り」その1を発表(生涯で唯一の原稿料5円をもらう)
「烏の北斗七星」を書く
原敬暗殺

高知尾智耀
(たかちおちよう)
(1883-1976)

国柱会理事
賢治に「法華文学」の創作を勧める

花巻農学校教諭時代

1922(大正11)年 26歳
2月 ドイツ語、エスペラント語の独習を始める
藤原嘉藤冶と親交
(賢治の無二の親友として自他ともに認める間柄。嘉藤治は、花巻高等女学校の音楽教師時代に農学校教師の賢治との付き合いが始まる)
9月 農学校で「飢餓陣営」を上演
11月 27日、妹トシ24歳で永眠

 稗貫農学校
「桑っこ大学」と呼ばれていた。
(現在の総合花巻病院の場所)
1月 愛国婦人に「雪渡り」その2を発表
「屈折率」「くらかけ山の雪」を書く
「水仙月の四日」「花椰菜」「あけがた」を書く
2月 学校の「精神歌」「黎明行進」「角礫行進曲」「応援歌」を作る
4月 「山男の四月」を書く
6月 コミックオペレット「生産体操(後に飢餓陣営に改題」を書く
7月 「牧歌」「イギリス海岸」を作詞作曲(推定)
11月 「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」
ソ連邦成立
日本共産党結成


左 川村悟郎(精神歌作曲)
中央 堀籠文之進
右  宮沢賢治
1923(大正12)年 27歳
4月 県立に移管され、岩手県立花巻農学校となる
5月 開校記念に「植物医師」「飢餓陣営」を上演
7月 樺太まで旅行
(この旅行を機に妹トシの死の悲しみから脱却の気配)
4月 「やまなし」「氷河鼠の毛皮」を岩手毎日新聞に発表。
5月 「シグナルとシグナレス」を岩手毎日新聞に発表。
7月 国柱会の「天業民報」に「角礫行進曲」発表
「青森挽歌」「オホーツク挽歌」を書く
8月 「天業民報」に「黎明行進曲」「青い槍の葉」を発表
花巻病院、花巻温泉開業
関東大震災
1924(大正13)年 28歳
4月 生徒と北海道修学旅行
花巻温泉、花巻病院の花壇を作る
8月 生徒たちによる「飢餓陣営」「植物医師」「ポランの広場」「種山ヶ原の夜」が上演され、一般公開される
3月 「反情」2号に「陽ざしと枯れ草」発表
4月 心象スケッチ「春と修羅」1000部出版
12月 童話集「注文の多い料理店」出版

レーニン没


イーハトヴ童話
「注文の多い料理店」
初版1000部 定価1円60銭

1925(大正14)年 29歳
1月 三陸旅行
2月 森荘己池(そういち)を知る
(1907-1999)
盛岡市出身、盛岡中学卒。東京外国語大学ロシア語科中退。『山畠』、『蛾と笹舟』で第18回直木賞受賞。
賢治と深い親交があり、賢治作品や賢治に関する文章を多く残している。
6月 学校を辞めて百姓になる決意を持ち始める。
7月 草野心平「銅鑼(どら)」の同人となる
東北大早坂博士とイギリス海岸クルミ化石採集
7月 森荘己池編集の「貌(かお)」創刊号に詩「鳥」(後に「夜鳥想亡妹」に改題)「過労呪禁」(後に「善鬼呪禁」に改題)を発表
8月 「貌」第2号に詩「過去情炎」を発表
9月 「銅鑼」4号に「命令」「未来圏からの影」を発表
「貌」第3号に詩「疱瘡(幻聴)」「ワルツ第CZ号列車」(後に「春」と改題)を発表
10月 「銅鑼」5号に詩「休息」「丘陵地」を発表
12月 関根喜太郎編集の「虚無思想研究」に詩「冬(幻聴)」を発表
岩手県豊作
JOAKラジオ本放送

羅須地人協会時代

1926(昭和元年)
30歳
1月 花巻農学校に開設(1月15日〜3月27)された岩手国民高等学校で350人の受講者に農民芸術論を講じる
3月 国民高等学校生のためにベートーベン百年祭レコードコンサートを花巻農学校で催す
花農依願退職
4月 花巻町下根子桜の別宅で独居自炊生活をはじめる
農民に稲作の指導をする
8月 羅須地人協会設立
農民青年、篤農家に稲作法、農民芸術概論等を講義
近隣農村に肥料設計相談所を設置、相談に応じる
12月 上京しセロ、オルガン、タイプ、エスペラント語など特訓


1月 尾形亀之助編集の「月曜」創刊号に童話「オツベルと象」発表
「銅鑼」6号に「秋と負債」「昇冪(しょうべき)銀盤」発表
「貌」第4号に詩「雲(幻聴)」「孤独と風童」を発表
2月 「月曜」2月号に童話「ざしき童子のはなし」を、「虚無思想研究」2号に詩朝餐」を発表
3月 「月曜」3月号に童話「猫の事務所」を発表
6月 「農民芸術概論要綱」を書く
7月 「貌」7月号に詩「春(作品第90番)」を発表
8月 「銅鑼」7号に詩「風と反感」「『ジャス』夏のはなしです」を発表
10月 「銅鑼」8号に詩「ワルツと第CZ号列車」を発表
アムンゼン北極横断



   賢治、自耕の畑


賢治愛用のチェロ
1927(昭和2)年 31歳
1月 羅須地人協会で土壌学、肥料学を講義。花巻の労農党稗和支部に若干の支援をしたことから警察の調査をうける
4月 花巻温泉南斜花壇作る
5月 肥料設計、稲作の指導に奔走。肥料設計書2千枚余枚書く
天候不順のため村々を駆け回る
1月 「無名作家」(花巻町高橋涯幻ニ発行)に詩「陸中国挿秧之図」を発表
9月 「銅鑼」12号に詩「イーハトーブの氷霧」を発表
12月 盛岡中学校の校友会雑誌1927年集に詩「銀河鉄道の一月(後に「岩手軽便鉄道」と改題)」「奏鳴四一九」を発表
芥川龍之介自殺
1928(昭和3)年 32歳
1月 労農党稗和支部20円と謄写版一式をカンパ
3月 石鳥谷町塚の根に1週間、肥料相談所を設置し、相談を受ける
6月 伊豆大島の伊藤七雄、チエ兄妹を訪問
旱天による不作、稲熱病発生のため、その予防と駆除に奔走し発病
8月 実家で40日間臥床する
12月 急性肺炎
2月 「銅鑼」12号に詩「氷質のジョウ談」発表
3月

梅野健造編集の「聖燈」創刊号に「稲作神話(未定稿)」を発表

6月 「東京」「三原三部」を書く
第1回普通選挙
晩年(東北砕石工場、闘病時代)
1929(昭和4)年 33歳 病床生活
春、東北砕石工場の鈴木東蔵の訪問をうける
文語詩製作。旧稿の手直し
11月 「文芸プランニング」(北村謙次郎編集)に「空明と傷痍」「遠足許可」「住居」「森」を発表
世界経済恐慌
1930(昭和5)年 34歳
2月 病状やや回復
9月 東北砕石工場を初めて訪問
 
1931(昭和6)年 35歳
2月 東北砕石工場技師嘱託。石灰販売に奔走
(宮沢清六著「兄のトランク」から
兄はこの人と(鈴木東蔵)話して いるうちに、全くこの人が好きになってしまったのであった。しかも、この人の工場は、かねて賢治の考えていた土地の改良には是非必要で、農村に安くて大事な肥料を供給することが出来るし、工場でも注文が少なくて困っているということで、どうしても手伝ってやりたくて致し方なくなった。
9月 壁材料の宣伝のため見本を大トランクに詰め上京、発熱
家族あてに遺書を書く
11月 3日、「雨ニモマケズ」を書く
7月 佐藤一英編集の「児童文学」創刊号に「北守将軍と三人兄弟の医師」を発表
満州事変始
東北冷害
1932(昭和7)年 36歳 病床中、東北砕石工場や肥料設計の相談に応答
作品推敲。菜食続行衰弱

 <宮沢賢治と東北砕石工場の人々>
昭和6年3月26日撮影
3月 「児童文学」第2号に童話「グスコーブドリの伝記」を発表。
4月 母木光編集の「岩手詩集」第一集に「早春独白」を発表
8月 多田保子編集の「女性岩手」創刊号に文語詩「民間薬」「選挙」を発表。
11月 吉野信夫編集の「詩人時代」2巻11号に「客を停める」を、「女性岩手」4号に文語詩「祭日」「母」「保線工手」を発表
上海事変
満州国建国
1933(昭和8)年 37歳

1月 病床中、わずかに歩行可能、肥料相談続行
6月 口語紙詩稿および文語詩稿の浄書を始める
9月19日、容態急変し急性肺炎と診断される
来訪の肥料相談に対応疲労、翌9月21日永眠す

<永眠を報じる新聞記事 「岩手日報」昭和8年9月23日夕刊>


 <国訳妙法蓮華経>
「国訳の法華経を千部印刷して、知己友人にわけて下さい。 --中略-- 『私の一生のしごとは、このお経をあなたのお手もとにおとどけすることでした。あなたが、仏さまの心にふれて、一番よい、正しい道に入られますように』ということを書いて下さい。」と、花巻弁で云った。
 

2月 吉田一穂編集の「新詩論」第2集に詩「半蔭地選定」を発表
3月 「詩人時代」3巻3号に詩「詩への愛憎」を発表
文教書院の「現代童話名作選」の上巻に「北守将軍と三人兄弟の医師」、下巻に「グスコーブドリの伝記」が収録される
松田幸夫発行の「天才人」に童話「朝に就いての童話的構図後に「ありときのこ」に改題)」を発表
4月 吉田則比古編集の「日本詩壇」に「移化する雲」を発表。
「現代日本詩集」(1933年版)に「郊外」「県道」を発表
6月 石川善助遺稿集「鴉射亭随筆」に追悼文掲載
岩手女性7号に詩「花鳥図鑑七月」発表
7月 「詩人時代」に詩「葱嶺(パミール)先生の散歩」を発表
8月 「文語詩稿 五十篇」「文語詩稿 百篇」の推敲を終える
9月 「北方詩人」10号に詩「産業組合青年会」を発表
12月 「日本詩壇」1巻7号に詩「火山」が発表される(生前に発表の意図のものとして遺作となる)

岩手県豊作
三陸大地震津波
日本国際連盟脱退
米国ニューディール政策


Copyright i-hatov.com All Rights Reserved.   宮沢賢治と花巻特産品の店イーハショップ